とやまアイホームグループ

採用情報
MENU

新着情報 新着情報 土地情報 土地情報 ご予約・資料請求 ご予約・資料請求

構造・工法 STRUCTURE / CONSTRUCTION

制震機能(DIT制震筋かい金物)

〈耐震+制震〉の安心を、もっと多くの木の家に。

DIT

DIT制震筋かい金物は、第一工業大学・横浜国立大学が開発した高減衰ゴム付きの壁倍率2倍用筋かい金物です。筋かいの損傷を防ぐ効果を発揮して、本震にも、その後の余震や繰り返しの地震にも強い家づくりを、優れたコストパフォーマンスで可能としました。

〈耐震+制震〉の安心を、もっと多くの木の家に。

耐震に不可欠な筋かい金物に “制震機能”をハイブリッド

耐震に不可欠な筋かい金物に

繰り返しの余震にも強い

揺れを最大約75%軽減し、見えないダメージからもわが家を守ります。

「従来の筋かい金物を設置した家」と「DIT制震筋かい金物を設置した家」の揺れの違いを解析。
3,000パターンに及ぶ応答解析の結果、2階の床の揺れ幅が最大約75%軽減されることが実証されました。

従来の筋かい金物を設置した家

建物の強度で地震エネルギーに対抗しますが、上階部ほど揺れ幅は大きくなり、家具の転倒、建物損傷などのリスクがあります。

従来の筋かい金物を設置した家

DIT制震筋かい金物を設置した家

本震の大きな揺れを吸収・制御して、家具の転倒や構造躯体へのダメージを低減。 その後の余震や繰り返しの地震に備える効果も発揮します。

DIT制震筋かい金物を設置した家

軽減する揺れ幅は、建物形状、配置プラン、地震波によって異なります。

筋かいを守る

多く設置した分、制震効果が高く
筋かいの損傷も抑えられます。

DIT制震筋かい金物の設置数が多いほど、地震による建物の変形は小さくなり、筋かいへのダメージも抑制。〈耐震+制震〉構造で住まいを守ります。

筋かいを守る

筋かいを守る

※軽減する揺れ幅は、建物形状、配置プラン、地震波によって異なります。

筋かいを守る

※揺れのイメージ

実物件で検証

延べ床面積…130.25㎡(約39坪)
地震波…建築センター波(BCJ-L2)50kine

設計自由度が高い

設計プランを変える必要はありません。

これまでの制震装置は、設置のために、壁の位置・形状などに制限が生じてしまう欠点がありました。 コンパクトで省スペース、従来の筋かい金物と同様に設計できる「DIT制震筋かい金物」なら、こうした制限がなく、より自由な空間づくりが楽しめます。

設計自由度が高い

お問い合わせ CONTACT

家づくりに関する資料のご請求・お問い合わせ

アフターメンテナンスについての問い合わせ